implant・Denture

インプラントとは

実は先史時代の人骨にも貝・動物の骨を応用したインプラント治療痕が見られるので歴史的にはかなり古いものです。現代の歯科用インプラントは整形外科医のブローネマルク博士が1965年に臨床応用したのが始まりです。従来の治療、義歯(入れ歯)やブリッジよりも残存歯(残った歯)の負担を減らして(残存歯の)寿命を長くします。当院では歯科用CTと口腔内スキャナーを利用して適応を診断をしてます。

インプラントのメリット

今までの歯がなくなった時の治療方法としては入れ歯やブリッジがあります。これらの治療方法は、かみ心地が悪かったりブリッジした歯に負担をかけてしまいますが、インプラントは天然の歯と同じかみ心地の上に、隣の歯などへの負担がありません。
また、入れ歯は年々合わなくなり作り直す必要もありますが、インプラントでは作り直す必要がありません。

インプラントのデメリット

保険外治療のため、費用が高額になってしまいます。
医療費控除が適用されます。医療費控除とは所得金額から一定の金額を差し引くもので、控除を受けた金額に応じた所得税が軽減されます。

インプラント治療の流れ

STEP.01

カウンセリング

治療に関してのカウンセリングを行います。カウンセリングを元に治療計画を立て、患者様にしっかりとご説明します。

STEP.02

精密検査

インプラントを行う場合、骨の強度、大きさなどを正確に検査する必要があります。

STEP.03

一次手術

局部麻酔を行い、インプラントの歯根になる部分を埋め込みます。入院の必要はなく、翌日から普通に生活していただけます。

STEP.04

治癒期間

個人差がありますが2~6ヶ月の治癒期間(安静期間)をおくことで、インプラントと骨が強い力で結合するのを待ちます。

STEP.05

二次手術

歯ぐきを開いて人工の歯を取り付ける支柱を装着します。

STEP.06

人工の歯を作製・装着

全体のかみ合わせを整え、表面の色をチェックしながら最終的な装着歯を被せます。

STEP.07

定期検診、メンテナンス

インプラントを長持ちさせるために、定期的にメンテナンスを行っていきます。

義歯について

最近は総義歯(歯が全く無い)を作ることが少なくなってきました。歯ブラシの習慣やフッ素添加練り歯磨きが普及した所為でしょう。局部床義歯(部分入れ歯)では金属バネが無い義歯(自費)が好評です。他にもインプラントと組み合わせたインプラント義歯も良い治療方法です。

よくあるご質問

インプラント治療には、どのくらいの期間がかかりますか?

完全に治療が完了するまでは、4ヶ月~1年くらいかかるとお考えください。

骨粗しょう症という診断を受けたのですが、インプラント治療は可能ですか?

現在技術が進んでおり多くの場合解決できますが、正確には検査をしてからの判断となります。

インプラントを使用できる年数は、どのくらいでしょうか?

定期検診などでケアができていれば数十年持つ事は証明されています。

インプラントの手術は痛くないですか?

麻酔をかけて行いますので痛みはありません。数日の間、多少は腫れます。

インプラントを骨に入れることで何か体に影響はありますか?

チタンの性質は腐食せず、体になじみ拒絶反応を起こしにくいものです。体に悪い影響はありません。