予防キッズクラブ

ホワイトニング

オーラルケア

ホワイトニング

ホワイトニングとは

歯そのものを白くするにはホワイトニングが有効です。健康な歯はもともと黄色で、加齢とともに成熟して黄ばみます。しかし歯科用漂白剤(過酸化尿素など)を歯の表面に作用させると白くすることができます。(無カタラーゼ症、妊婦、授乳中の方にはおすすめできません。)幾つかのやり方がありますが、当院ではより自然な白さになるホワイトニングをご提案しています。




当院推奨のホワイトニング剤

何時でも、何処でも簡単に歯のホワイトニング!
毎朝のシャワー時間、仕事、学校の準備の時、電話中、ショッピング中、読書中、オフィス、テレビを見ている時など気軽にホワイトニングできます。 フィルムには、5.3%過酸化水素水のジェルが付着され、上の歯と下の歯に直接貼りつけ30分間で完了。





フィルムの 素材は、オブラート状でできているので、装着中も違和感がなくオフィスでもOK!歯を削ることなく白くできます!





ホワイトニングの料金

ホワイトニング
●お口の中のチェック
●オーラルケア
●ホワイトニング剤(3週間分)
●ホワイトニング後のチェック
30,000円(税込)


ホワイトニングの流れ

何時でも、何処でも簡単に歯のホワイトニング!
気軽にできるホワイトニングで好評いただいていた当院のシールタイプのホワイトニングがバージョンアップしました!!
どこが変わったかというと!?

ホワイトニングの効果をより引き出すために時前に行う検査・クリーニング・終了後の診査をセット料金としました。流れにすると以下のようになります。

STEP.01お口の中のチェック
むし歯が無いか?さし歯や神経を取った歯は効果が無いので、レントゲン撮影を行い、事前にお口の中を全体的に検査。
STEP.02歯のクリーニング
専用の器具を用いて歯の表面を磨き、プラークを取り除、ホワイトニングの効果をアップ!
《オーラルケア(¥5,000相当)》
オーラルケアについて詳しくはこちら
STEP.03ご家庭での使用
2~3週間1日2回、上下の歯にフィルムを30分貼り付けるだけでOK!
STEP.04終了後の診査
最後の診査・診断して終了。




よくあるご質問

ホワイトニングには個人差がある?

ホワイトニングの効果には個人差があると言われています。
もともと歯の色が濃い方、変色してしまっている方は、ホワイトニングの効果が出にくい場合があります。
また、むし歯の治療などで歯が黒く変色してしまっている方や人工の歯にはホワイトニングは施せません。
コーヒーや赤ワイン、タバコ、カレーなど色の濃い食べ物を好む方はホワイトニングをした後、色の後戻りが早く起こる場合があります。
ホワイトニングは、施術後半年から1年経過すると色が後戻りする場合があります。

ホワイトニングって痛くないの?

歯が削れてしまっている場合や歯にひびが入っている場合、歯磨きで歯の根元がくびれてしまっている場合、エナメル質が薄い場合、詰め物に隙間がある場合など歯の状態によってはホワイトニングの際にお薬が歯にしみることがあります。
正常な歯の方でも、ホワイトニング中に軽い痛みを感じることがありますが、この痛みは歯に対して害はなく一過性のものですので、ホワイトニングの終了と同時もしくは通常24時間以内に収まります。

歯へのダメージはあるの?安全性は?

ホワイトニングの安全性は、様々な大学や研究機関の発表により、「歯にダメージを与えない方法」として確立されています。
ホワイトニング剤の主成分は「過酸化水素」、または「過酸化尿素」であり、米国食品医薬品局(FDA)でも成分の安全性を保障しています。
しかしながらこれは人体に対する影響で歯単独で考えるとおそらく薬品です。
以上少なからずダメージがあることも予想されますが、日本においても過酸化尿素のホワイトニング剤は厚生省が認可を出していることから問題ないことがわかります。
また、唾液に含まれるフッ素等の成分によって再石灰化等による回復が期待できます。

歯の白さはどのくらい持続できるの?

ホワイトニングの効果が持続する期間は、その方の諸好物、色に対する感覚、歯の構造などによって個人差があります。「色が付いてきたな」と思ったらホワイトニングをして下さい。



このページの先頭へ戻る